Spring's Diary

遊戯王・MTG・ボードゲーム等、完全に趣味の事をつらつらとw

「20th ANNIVERSARY DUELIST BOX」Part.4(新規カード編3)

昨日・一昨日と開催されていた「ジャンプフェスタ2018」にて、

デュエルディスク」の展示物が公開されていたようで、

ネット上で、なかなか話題になっていましたねw





今回は、「バンダイ」が出している「PROPLICA」というシリーズの商品のようで、

「PROPLICA」とは公式HPによると、

「プロップ」と「レプリカ」を組み合わせた言葉です。
バンダイでは、長年にわたり、変身アイテムを代表とする数々の劇中小道具(プロップ)を子供向け玩具として商品化してまいりました。
これまで培ってきたそのノウハウに、コレクターズアイテムの最新開発技術を導入していくことで、一層の「本物感」を追求して、大人向け商品として展開する。それが「PROPLICA」ブランドのコンセプトです。
このコンセプトをもとに、様々な劇中小道具(プロップ)を徹底検証し、大人に向けたキャラクターアイテムを展開しています。


とのことで、


やはり、この手のおもちゃはバンダイでは、プレミアムバンダイを筆頭にハイクオリティな商品が多いイメージなので、


ちょっと期待したいですねw

汎用性高めなカードとか付録されて買えないとかにならないことを願うばかりです;;




さて、本日も昨日に引き続き「20th ANNIVERSARY DUELIST BOX」の新規カードを取り上げていきたいと思います^^


それでは、早速↓↓↓



スペシャルパック:「榊遊矢」



☆「オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン」





星8 闇 ドラゴン族 3000/2500
このカードはレベル5以上のモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。②:このカードが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。自分の手札・墓地から「オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン」以外のレベル5以上のモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。


おぉ〜w

アドバンス召喚できれば、相手モンスターを破壊し、攻撃力分バーンを与え、

相手のモンスターを戦闘破壊できれば、☆5以上のモンスターを何でも蘇生できるってのは熱いですねw


このカード自身も「オッドアイズ」のカード名を持っているので、色々なサポートカードの恩恵を受けられるのもいい感じです!




☆「EMスマイル・マジシャン」







星8 光 魔法使い族/ペンデュラム 2500/2000
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「スマイル」魔法・罠カード1枚を手札に加える。②:自分フィールドのモンスターが「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターのみで、このカードの攻撃力が元々の攻撃力より高い場合に発動できる。元々の攻撃力より高い攻撃力を持つ自分フィールドのモンスターの数だけ自分はデッキからドローする。このターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

【P効果 青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。①:元々の攻撃力より高い攻撃力を持つ自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。



おぉ〜w

これまたイケメンカードですねw

効果もなかなか面白くて、

「スマイル・ワールド」とかを活かして大量ドローできるかもってのがいいですw




☆「魂のペンデュラム」







永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分のPゾーンのカード2枚を対象として発動できる。対象のカードのPスケールをそれぞれ、1つ上げるか下げる(最小1まで)。②:自分のPモンスターがP召喚される度にこのカードにカウンターを1つ置く。③:フィールドのPモンスターの攻撃力は、このカードのカウンターの数×300アップする。④:このカードのカウンターを3つ取り除いて発動できる。このターン、自分は通常のP召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにモンスターをP召喚できる。



ついにP召喚が2度できるカードが登場したんですねw

さすがに、ちょっと条件が厳しいですが、決まればそのまま価値まで行けそうですねw





※その他パラレル仕様で下記のカードが再録されているようです!



オッドアイズ・セイバー・ドラゴン」
「スマイル・ワールド」
デュエリストアドベント



スペシャルパック:「藤木遊作」



☆「サイバース・エンチャンター」



光 サイバース族/リンク 2400
モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが「サイバース・ウィザード」を素材としてリンク召喚されている場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの表示形式を変更し、その効果はターン終了時まで無効化される。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「サイバース・ウィザード」1体を選んで特殊召喚する。

【LINK-3:左/右/下】


「サイバース・ウィザード」・・・?

10期初の新パックでスーレア枠を奪ったあの使い道がry



こいつをメインに据えたデッキ、、、ソリティアじゃないサイバース族デッキになりそうですし、

いっそのこと組んでみますかね・・・?w

見た目はまぁ、遊戯王っぽくて嫌いではないですしね・・・!


☆「バックアップ・スーパーバイザー」



光 サイバース族/リンク 1200

モンスター2体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが「バックアップ・セクレタリー」を素材としてリンク召喚されている場合にこのカードのリンク先の自分のモンスターが、相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。手札からサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「バックアップ・セクレタリー」1体を選んで特殊召喚する。

【LINK-2:右/下】


ムムム・・・

今度は「バックアップ・セクレタリ−」を指定してる系ですか;;

まぁ、こっちは大分使いやすいので、まだ実用性ありそうですが、

エクストラの枠を取る必要性があるのかってのは悩ましいところですねw



☆「デコード・エンド」



通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドの「デコード・トーカー」1体を対象として発動できる。そのモンスターのリンク先のモンスターの数によって、このターン以下の効果を適用する。●1体以上:そのモンスターの攻撃力は、そのリンク先のモンスター数×500アップする。●2体以上:そのモンスターが戦闘で破壊したモンスターはダメージ計算後に除外される。●3体:そのモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動する。相手フィールドのカードを全て破壊する。


んー・・・w

これはなかなか出番が限られてて難しそうですね;;

でもまぁ、せっかくの必殺技カードですし、1枚くらい忍ばせておいて、いつか決められたら盛り上がりそうですねw



※その他パラレル仕様で下記のカードが再録されているようです!



「サイバース・ウィザード」
「リンク・ディサイプル」
「セキュリティ・ドラゴン」



やはり、今回の新規カード達は複数枚欲しいものもあって、

シェアしてみんなでそれぞれ欲しいやつを分けて買えたら、大分いい感じなのかもですね!

一人で8640円×3個は財布ポイントきつすぎますorz