Spring's Diary

遊戯王・MTG・ボードゲーム等、完全に趣味の事をつらつらとw

「EXTRA PACK 2019」Part.5( 未界域 編)

カップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」の最新作として、尾田栄一郎原作によるアニメ「ONE PIECE」とコラボした 「HUNGRY DAYS ワンピース ナミ篇」が、昨日から公開されたようですw

 


カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ワンピース ナミ 篇」30秒

 

前回のゾロのやつもそうでしたが、マンガのキャラ達がその世界観とは別に、こういう日常風景に溶け込む系も面白いかもですねw

 

さて、いよいよ本日は、「EXTRA PACK 2019」の発売日ですね!

 

自分も先ほど購入してきましたが、色々な店舗で品切れ続出だったので、

 

やはり、収録カードがかなり魅力的なんだろうなぁと思わされましたねw

 

ということで、本日も引き続き「EXTRA PACK 2019」の収録カードを取り上げていきたいと思います^^

 

今回は環境デッキの仲間入りを果たしそうってことで、注目されている「未界域」についてですね~

 

それでは、早速↓↓↓

 

※1度取り上げたことのあるカードについては、色々と割愛します!

 

☆「未界域のビッグフット」

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130118j:plain

 

星8 闇 獣族 3000/0 ウルトラレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のビッグフット」以外だった場合、さらに手札から「未界域のビッグフット」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

☆「未界域のネッシー

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130210j:plain

 

星7 闇 水族 1600/2800 スーパーレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のネッシー」以外だった場合、さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

 

さすがに、サーチはスーレアですよね~w

 

「未界域」カードサーチなのが偉いですw

 

 

☆「未界域のチュパカブラ

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130330j:plain

 

 

星4 闇 悪魔族 1500/400 スーパーレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のチュパカブラ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合、「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

墓地から釣り上げもいるとw

 

当然のスーレアで、これはやはり、「未界域」組みたい人は覚悟が必要そうですねw

 

☆「未界域のジャッカロープ」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130447j:plain

 

 

星3 闇 獣族 500/2000 ウルトラレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

ネット上の開封結果では、このカードだけ出にくいって噂ですが、果たして・・・

 

 

☆「未界域のサンダーバード

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130803j:plain

 

星8 闇 鳥獣族 2800/2400 レア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のサンダーバード」以外だった場合、さらに手札から「未界域のサンダーバード」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

セットカード破壊ですか~

 

最上級モンスターですし、採用枚数は少な目になりそうですが、「未界域」は「未界域」だけで固めた方が効果の成功率も高まりそうなので、入れざるを得ない感じになるんですかね~?

 

☆「未界域のワーウルフ

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131013j:plain

 

 

星7 闇 獣戦士族 2400/1000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のワーウルフ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のワーウルフ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

 

相手全体弱体化、これも最上級モンスターなので、少な目ですかね~?

 

☆「未界域のモスマン

 

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131122j:plain

 

星4 闇 昆虫族 1800/400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のモスマン」以外だった場合、さらに手札から「未界域のモスマン」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。

 

お互い1枚引いて捨てる系ですか~

 

まぁ、回転重視なら・・・w

 

一応、自身の効果で特殊召喚できる☆4・闇属性・昆虫族って言う視点での使い道は多そうですねw 

 

というか、このカードの元ネタの「モスマン」ってやつが全然知らなくてビックリでしたw

 

腕の代わりにワイバーンのように大きな両翼を持つことから「モス(=蛾)」+「マン(=人間)」と名付けられたみたいですねw

 

 

☆「未界域のツチノコ

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131312j:plain

 

 

星3 闇 爬虫類族 1300/0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のツチノコ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のツチノコ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

自身が特殊召喚される効果ですか~

 

悪くは無さそうですが、スーレアになるほどだったんですかね~?

 

☆「未界域のオゴポゴ」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131459j:plain

 

 

星8 闇 海竜族 1200/3000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のオゴポゴ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のオゴポゴ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のオゴポゴ」以外の「未界域」カード1枚を墓地へ送る。

 

墓地肥やしは、出番多そうですねw

 

それにしても、、、このカードもまた元ネタがわかりませんねw

 

体長6~30メートルでコブがある
細長い蛇のような体をくねらせ移動する
体色はグリーン色でチョコレート色の斑点がある
頭部は牛・馬・ヤギに似ているとされる水生生物

 

なるほど・・・w

 

やっぱり、UMA系は面白いですね~w

 

 

明日も続きます!