Spring's Diary

遊戯王・MTG・ボードゲーム等、完全に趣味の事をつらつらとw

「EXTRA PACK 2019」Part.11( その他 編2)

台風17号ヤバいですね・・・

 

f:id:matuda-purehabu:20190920103540p:plain

 

一応、気象庁のHPの進路予想図だと、上記の通り沖縄本島直撃はギリギリ回避できそうですが、

 

いずれにしても天気は荒れそうなので、今日のまだ天気が保ててるうちに簡単に買い物は済ませておきたいですね・・・!

 

これからの天気予報は要チェックです!!

 

 

さて、本日までは、引き続き「EXTRA PACK 2019」の収録カードを取り上げていきたいと思います^^

 

それでは、早速↓↓↓

 

※1度取り上げたことのあるカードについては、色々と割愛します!

 

 

☆「一点着地」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919131038j:plain

 

永続魔法 レア
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分または相手の手札から自分フィールドに、モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。②:自分ターンにこのカードの①の効果でドローしていない場合、そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

 

これはまた面白いカードですね~w

 

「ブリキンギョ」的なカードを多用するデッキや、「ジャックナイツ」系、「バトルフェーダー」とかも面白いですね~w

 

相手ターン中にも展開してアドバンテージを取りたくなるやつですねw

 

これは最低3枚は持っておかないとですね!

 

☆「廃車復活」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919131255j:plain

 

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分または相手の手札からモンスターが墓地へ送られた場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

 

けっこう限定的な効果ではありますが、メタ的に使える場面がありそうなので、

 

面白いではありますねw

 

ただまぁ、純粋に蘇生で使いたいなら「リビデ」や「戦線復帰」の方が使いやすいですね(;^ω^)

 

☆「蛇龍の枷鎖」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919131745j:plain

 

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:相手のフィールド・墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのリンクマーカーの数だけ自分はデッキからドローする。その後、自分の手札が2枚以上の場合、その内の2枚を選んで好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 

相手依存ではありますが、手札交換できる可能性があるのは面白いですね~w

 

まぁ、最近の遊戯王だとLINK2くらいは基本墓地に送られてそうなので、

 

アド損にはなりますが、引きたくないカード問題を回避できるならワンチャン・・・w

 

と思ってしまいますww

 

 

☆「ディメンション・アトラクター」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919131948j:plain

 

星6 闇 魔法使い族 1200/2200 ウルトラレア・シークレットレア
①:自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

やはり、このカードはなかなか難しいですね~

 

自身が墓地に送られる関係上、2枚目以降も使えないですし、まぁ、先行1ターン目のソリティアを押し通すためのカードって感じですかね~?

 

☆「原始生命態ニビル」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919132306j:plain

 

星11 光 岩石族 3000/600 ウルトラレア・シークレットレア
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

何度見てもとんでもないデザインですねw

 

ただ、効果の割に値段が予想以上に安価なので、欲しい人は今のうち感ありますねw

 

あと、裁定でいくつか覚えておいた方が良さそうなやつは載せておきますかね!

 

 

Q:自分または相手のモンスターゾーンに「召喚僧サモンプリースト」が表側表示で存在し、『②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない』モンスター効果が適用されています。

相手がこのターン中に、5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功している場合、この状況で、自分は手札の「原始生命態ニビル」のモンスター効果を発動する事はできますか?

 

A:

質問の状況の場合でも、手札の「原始生命態ニビル」のモンスター効果を発動する事はできます。

効果処理時に、自分及び相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスターを全てリリースしますが、「召喚僧サモンプリースト」をリリースする事はできません。

この時、他のモンスターが1体もリリースされなかった場合は、「原始生命態ニビル」は特殊召喚されず手札に残り、「原始生命態トークン」が特殊召喚される事もありません。

他のモンスターが1体でもリリースされているのであれば、「原始生命態ニビル」は通常通り特殊召喚され、この効果処理によってリリースしたモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力をそれぞれ合計した数値となる「原始生命態トークン」を特殊召喚する処理も通常通り適用されます。

 

 

☆「冥王結界波」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919132645j:plain

 

 

通常魔法 ウルトラレア・シークレットレア
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。①:相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

 

 

これもサイドカード的に、3枚は持っておきたい系ですね!

 

 

これで今年の「EXTRA PACK 2019」の収録カードは全て取り上げ終わりましたが、今年はかなり豊作で素晴らしかったですね~w

 

一部の店舗では、本日から週末にかけて再入荷がありそうなので、欲しい方はお早めに!

 

 

「EXTRA PACK 2019」Part.10( その他 編)

来週金曜日発売の任天堂switch向けソフト「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」のTV用CMが公開されたようですw

 


『ドラゴンクエストXI S』TVCM長尺版「伝説の勇者コンサルタント」

 

個人的には、軽く恐怖すら感じちゃうような感じでしたが、これはこれで面白いですねw

 

ただ、ちょっと残念だなぁと思ったのは、映画もそうですが、

 

今のドラクエは完全におっさん世代向けって感じの成熟したコンテンツになってると思いますので、

 

どうせなら、子供達にも触ってもらえるようなアプローチも欲しいなぁと思いましたねw

 

さて、本日も引き続き「EXTRA PACK 2019」の収録カードについてですね~

 

昨日まででテーマ毎の収録カードは取り上げ終わりましたので、明日までは、残りのカード達についてですね!

 

それでは、早速↓↓↓

 

☆「コンタクト・ゲート」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919103851j:plain

 

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の墓地から「N」モンスター2種類を1体ずつ除外して発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「N」モンスター2体を選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。この効果を発動したターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:自分フィールドの表側表示の、「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターがEXデッキに戻った場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。除外されている自分の「N」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

まさかの「Nスペーシアン」サポートですかw

 

「コンタクト融合」を主軸にしたいならかなりの活躍ができますね!

 

スペーシア・ギフト」等もちゃんと機能するようになりますし、本当に特化デッキ組めるかもですねw

 

☆「極星霊アルヴィース」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919104213j:plain

 

 

星4 闇 魔法使い族 1500/1000
このカード名の②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。①:「極星」リンクモンスターの効果でこのカードのみが除外された場合に発動できる。レベルの合計が10になるように、「極星」モンスターを自分フィールドから1体、デッキから2体墓地へ送る。その後、EXデッキから「極神」モンスター1体を特殊召喚する。②:自分の「極神」モンスターが戦闘以外の方法で相手によって墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。同名カードが自分の墓地にない「極神」モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

 

効果、雑に強いですねw

 

ただ、「極神」モンスターは蘇生制限を満たさないので、一回限りってのが悩ましいですね~

 

それでも、LINK1の「極星天グルヴェイグ」とこのカードだけで、「極神」が出せるのは熱いですw

 

 

☆「対壊獣用決戦兵器メカサンダー・キング」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919104518j:plain

 

星9 光 機械族 2200/2100 レア
このカード名の④の効果はデュエル中に1度しか使用できない。①:お互いのメインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。元々の持ち主が相手となる自分フィールドの「壊獣」モンスター1体を選んで除外する。その後、自分の墓地からモンスター1体を選んで特殊召喚できる。②:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。③:フィールドのこのカードは他の「壊獣」カードの効果を受けず、「壊獣」モンスターとの戦闘では破壊されない。④:自分エンドフェイズに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

 

また新しい「壊獣」!?

 

と思ったら、一風変わった新規ですねw

 

名前の通り「壊獣」メタってことで、もし環境デッキ等で「壊獣」が流行ってたら、サイド入りするんじゃないですかね・・・w

 

見た目がけっこう好きだったので、効果読んでショックでしたorz

 

 

☆「ノーマテリア」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919105004j:plain

 

 

星1 地 天使族 0/1000 レア
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。

 

おぉ~w

 

これもまたかなり厄介なメタカードですね!

 

自分の場が空いていないと使えないので、けっこう出番が限られてくるかもですが、

 

素材にできないとなると、現代遊戯王では、展開的に、そのターン中は、黙るしかないことも多そうなので、頭の片隅には入れておきたい系のカードかもですね~

 

 

☆「ドロドロゴン」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190919105212j:plain

 

星6 闇 ドラゴン族/シンクロ 500/2200

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。②:このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

おぉ~w

 

シンクロモンスター版の「沼地の魔神王」ですねw

 

起動効果で「融合」を使わずに、融合召喚ができるってことで、

 

けっこう戦略の幅が広がりそうですねw

 

 

明日も続きます!

 

 

「EXTRA PACK 2019」Part.9( 忍者 編)

今月28日(土)発売の遊戯王「STRUCTURE DECK R -ウォリアーズ・ストライク-」に、「増殖するG」の再録が決まったようですね!

 

f:id:matuda-purehabu:20190918100950j:plain

 

ストラク等に再録されたノーマル版でさえ、約1000円前後と需要の方が高い感じだったので、

 

このストラクもとりあえず最低保証が決まったってことで、かなりお買い得になりそうですねw

 

ふと思ったのですが、「増殖するG」が初めてストラクに再録されたのが、

 

2013年の「青眼」ストラク、次が2016年の「古代の機械」ストラク、その次が今年2019年の「ウォーリアー」ストラクってことで、

 

3年周期くらいで汎用カードをストラクで供給するような流れがあるのかもですね~

 

これは、いつか他のカードにも焦点を当ててみたいですw

 

 

さて、本日も昨日に引き続き遊戯王「EXTRA PACK 2019」の収録カードについてですね~

 

今回は大幅強化がもらえた「忍者」についてです!

 

それでは、早速↓↓↓

 

☆「黄色い忍者」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190918101834j:plain

 

星4 風 戦士族 1900/1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。手札からレベル4以下の「忍者」モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「忍者」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

「忍者」専用の「ゴブリンドバーグ」ですね~w

 

まぁ、この特殊召喚効果を使うと「忍者」しかEXデッキから出せないってことで、

 

「聖騎士の追想ゾルデ」にアクセスできないのが、惜しいですが、

 

後述の忍者専用のリンクモンスターも十分優秀なのでw

 

☆「黄竜の忍者」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190918102432j:plain

 

星8 風 恐竜族 3000/1500
このカードは「忍者」モンスターまたは「忍法」カードの効果でしか特殊召喚できない。①:1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「忍者」モンスター1体と「忍法」カード1枚を墓地へ送り、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

竜族の使いやすい「忍者」が出てくれましたね~w

 

今の忍者は「Pゾーン」も使用するので、忍法の永続罠が盤面を圧迫することが多かったので、

 

こういうカードで能動的に魔法・罠ゾーンを空けられるのは、偉いって印象ですね!

 

 

☆「忍者マスター SAIZO」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190918103121j:plain

 

光 戦士族/リンク 2000 スーパーレア
「忍者」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは攻撃対象にならず、相手の効果の対象にもならない。②:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「忍法」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

【LINK-2:左下/右下】

 

素材の縛りがなかなかですが、「忍者」デッキで使う分には、十分過ぎる恩恵がありますねw

 

これで、好きな忍法にアクセスできるようになりますし、安定感がグンと上がりますねw

 

欲を言えば、このカード自身がレベル等を持たないため、「変化の術」・「超変化の術」・「分身の術」と一緒に使えないのが惜しいですね~

 

リンク素材の指定が「忍者を含むモンスター2体」とかだったら完璧だったんですけどねww

 

☆「隠れ里-忍法修練の地」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190918103509j:plain

 

フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「忍者」モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の、「忍者」モンスター1体または「忍法」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果の発動ができない。②:自分フィールドの、「忍者」モンスターまたは「忍法」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の「忍者」モンスター1体を除外できる。

 

これもノーマルですが、本当凄いこと書かれてるフィールド魔法ですよねw

 

忍者が場に出てくるだけで、リソースの回収、

 

破壊される場合も肩代わりができちゃうとw

 

「忍法」や最近の忍者モンスター達がなかなか重めのコストを要求してくるので、

 

リソース確保が難しそうだなぁと思ってましたが、このカードあがるなら、どうにか・・・?

 

☆「忍法 妖変化の術」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190918104036j:plain

 

永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドの「忍者」モンスター1体をリリースし、相手の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのカードが表側表示で存在する間、「忍者」モンスターとしても扱う。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは墓地へ送られる。

 

これはなかなか優秀ですね~w

 

蘇生したモンスターが、「忍者モンスター」としても扱われるので、

 

何かしら対処されそうになったら、また別な忍法のコストに充てられるのが偉いですw

 

 

いや~、この新規達の追加で、【忍者】も色々できそうで構築が楽しくなりそうですねw

 

 

明日も続きます!

「EXTRA PACK 2019」Part.8( 聖騎士 編)

昨夜、公式から、10月1日からの遊戯王の新制限改訂情報が判明したようです!

 

今回はドラゴンリンク系のデッキや、「未界域」が暴れるのを事前に防いだ感じの改訂で、

 

緩和も多めで個人的には、かなり良さそうな内容だったと思いますね~w

 

このBlogでも後日取り上げますが、気になる方はこちらからどうぞ→「

https://yu-gi-oh.jp/index.php?page=details&id=647

 

 

さて、本日も引き続き遊戯王の「EXTRA PACK 2019」の収録カードを取り上げていきたいと思います^^

 

今回は「聖騎士」についてですね!

 

それでは、早速↓↓↓

 

☆「聖騎士ペリノア」

 

f:id:matuda-purehabu:20190917103332j:plain

 

星4 光 戦士族 1900/500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードに装備されている「聖剣」装備魔法カード1枚と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果の発動後、ターン終了時までこのカードは攻撃できない。

 

TUEEEEEEEw

 

「聖剣」カードは、自身の効果で再装備できるので、実質相手だけ破壊の1枚ドロー、

 

個人的には、このカードもスーレアとかになるんじゃないかと思ってましたが、集めやすいノーマルでありがたかったですねw

 

☆「聖騎士イヴァン」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917103737j:plain

 

星4 光 戦士族 1700/1600
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備した場合に発動できる。自分フィールドに「聖騎士トークン」(戦士族・光・星4・攻/守1000)1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしか特殊召喚できない。②:このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している限り、このカード以外の自分フィールドの「聖騎士」モンスターの攻撃力は500アップする。

 

このカードのおかげで、トークンを絡めて「イゾルデ」スタートできたりと、初動等にも使える要員なのでけっこう優秀ですねw

 

地味に全体パンプもいい感じですw

 

☆「聖騎士コルネウス」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917104110j:plain

 

星4 光 戦士族 1000/2000
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。①:自分フィールドに「聖剣」装備魔法カードが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:フィールドのこのカードを素材としてS・X・リンク召喚した「聖騎士」モンスターは以下の効果を得る。●この特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにモンスター1体を召喚できる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

これも、またまた優秀なんですよね~w

 

自身の効果で特殊召喚可能で、S・X・リンク素材に使うと、このターンの召喚権を追加でもらえるとw

 

英語版テキストは「聖騎士」を追加で召喚できるだったのですが、日本語版テキストはそういう縛りが無くて、まさかの上方修正で、公式裁定もテキスト通りで可能というビックリカードですw

 

☆「アヴァロンの魔女モルガン」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917104343j:plain

 

星3 闇 魔法使い族 1300/1600 レア
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに「聖騎士」モンスター及び「聖剣」装備魔法カードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。自分フィールドの「聖剣」装備魔法カード1枚を選んで破壊し、その発動を無効にする。

 

汎用系の手札誘発は置いといて、

 

こういうそのテーマ専用の妨害札とかはどんどん出してくれてもいいんじゃないかと思いますねw

 

☆「神聖騎士王コルネウス」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917104453j:plain

 

星4 光 戦士族/エクシーズ 1500/2500 レア

レベル4「聖騎士」モンスター×2体以上

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、その数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。「神聖騎士王コルネウス」以外の「聖騎士」Xモンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、墓地のこのカードを下に重ねてX素材とする。

 

これが「アルトリウス」の後継者なんですね~w

 

効果も普通に優秀ですし、破壊されてもしっかり後続を用意できるので、本当に偉いですw

 

個人的には、このカードは今までの「聖騎士」の看板達の流れ的にも、ウルレアとシクレアで出して欲しかったですね><

 

☆「聖剣クラレント

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917105116j:plain

 

 

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:「聖剣クラレント」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。②:1ターンに1度、500LPを払って発動できる。このターン、装備モンスターは直接攻撃できる。③:フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの戦士族の「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。その自分の戦士族の「聖騎士」モンスターにこのカードを装備する。

 

新しい「聖剣」カードが追加されてくれるだけでも意味があるので、これはありがたい追加ですねw

 

原作のアーサー王伝説の流れ的にも、直接攻撃という部分が致命傷を与えることになるストーリーを忠実に再現してて、本当に素晴らしいですw

 

☆「聖杯の継承」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917105317j:plain

 

通常魔法 レア
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分のデッキ・墓地から「聖騎士」モンスター1体または「聖剣」カード1枚を選んで手札に加える。②:このカードが墓地に存在し、「聖剣」装備魔法カードを装備した自分の「聖騎士」モンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードを手札に加える。

 

TUEEEEw

 

さすがに、こんな融通利きまくりのカードが出たんだとしたら、「聖騎士」の強化はこれで最後ですかね~?w

 

繰り返し使えるかもしれない、そのテーマ専用の万能サーチはヤバいですねw

 

ただ、このシーンは「アーサー王伝説」には無いはずなので、オリジナルストーリーの始まりとも・・・?w

 

☆「聖剣の導く未来」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190917105625j:plain

 

通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの「聖剣」装備魔法カードの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。その中から1枚を選んで手札に加え、残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。同名カードが自分のフィールド・墓地に存在しない「聖騎士」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

いや~w

 

「聖騎士」は2013年の「EXTRA PACK -SWORD OF KNIGHTS-」で初登場してから、約6年の歳月をかけ、少しずつ新規カードで強化し続けて来たテーマなので、

 

その時々の代表的なシーンがイラストに表現されてて、色々と込み上げて来るものがありますねw

 

効果も素晴らしいデザインですし、欲を言えば、今後も出し続けて欲しいですが、

 

果たして・・・!

 

今年の「EXTRA PACK 2019」は本当に大満足ですw

 

明日も続きます!

「EXTRA PACK 2019」Part.7(クロノダイバー編)

昨日のオフ会に参加された皆様、お疲れ様でした!

 

「EXTRA PACK 2019」の発売翌日ってことで、皆さん新デッキ用パーツのトレードなり、デッキ構築なり、みんなで色々意見交換しながら、遊戯王を楽しんでいて、

 

かなり盛り上がっていて非常に良い雰囲気でしたね~w

 

特に一時的に遊戯王を離れていた人が新パックでの強化で復帰しようとした時に、細心のカードまで追いかけてる人がデッキ構築のアドバイスができたりするってのは、最高の環境じゃないかとw

 

現代遊戯王は、新テーマはもちろん、過去テーマにしても的確にそのテーマで欲しかった要素を追加してくれるので、ありがたいですね!

 

残念ながら、遊戯王は新規獲得は正直難しそうですが、一度やったことのあるプレイヤーが復帰したら十分楽しめることは間違いないので、

 

そういう方向で自分も頑張って遊戯王の輪を広げていきたいですね~w

 

来月のオフ会も三連休の中日の、10月13日(日)に決定いたしましたので、そちらもよろしくお願いいたします!

 

 

さて、本日も引き続き「EXTRA PACK 2019」の収録カードについてですね~

 

今回は「クロノダイバー」についてです^^

 

それでは、早速↓↓↓

 

☆「クロノダイバー・リューズ」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190916110405j:plain

 

 

 

星4 闇 サイキック族 1800/1300 スーパーレア
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「クロノダイバー・リューズ」以外の「クロノダイバー」カード1枚を手札に加える。

 

あー、サーチがスーレアになっちゃってましたか(;^_^A

 

X素材を取り除けば、特殊召喚でき、サーチ効果まで持ってる☆4・闇属性・サイキック族ってことなので、

 

かなり使いやすそうなので、これはできれば、3の倍数枚複数セット持っておきたい系ですねw

 

☆「クロノダイバー・ベゼルシップ」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190916110601j:plain

 

星4 闇 機械族 1000/2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードをリリースし、自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

「クロノダイバー」のXモンスターが、X素材の種類によって、色々と効果を発揮できるデザインなので、

 

その素材カードを色々なところから用意できるカードは面白いですねw

 

墓地からの特殊召喚に対応してるってことで、何か墓地に落とせるギミックが欲しくなりそうですね~

 

☆「クロノダイバー・レギュレーター」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190916110901j:plain

 

 

星4 闇 機械族 600/200 レア
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、このカードをリリースして発動できる。デッキから「クロノダイバー・レギュレーター」以外の「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。②:このカードが墓地に存在する状態で、自分のXモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

おぉ~w

 

これはまたかなり優秀な効果を持ってますね!

 

さすがに、自身の効果で特殊召喚しつつ、デッキから2体も展開できるってのはかなり強そうなので、

 

「クロノダイバー」は、今後メインモンスターはあまり追加されないかもですね(;^ω^)

 

☆「クロノダイバー・リダン」

 

f:id:matuda-purehabu:20190916111037j:plain

 

星4 闇 サイキック族/エクシーズ 2400/2000 ウルトラレア

レベル4モンスター×2

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。②:自分・相手ターンに発動できる。このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。その後、以下を適用する。●モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。●魔法:自分はデッキから1枚ドローする。●罠:相手フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキの一番上に戻す。

 

☆4×2体で作れて、とりあえず、場持ちできそうで、場持ちすればするほどアドバンテージが取れる可能性が出てくるってことで、面白いデザインですねw

 

ただ、現代遊戯王では、罠カードの採用枚数がかなり少なめだと思いますので、そこはどうにか自力で用意しないと行けなさそうですね~

 

☆「クロノダイバー・ハック」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190916111349j:plain

 

 

永続魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドのXモンスターは特殊召喚したターンには、相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。②:自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、そのX素材の数×300アップする。さらにそのモンスターが、元々の持ち主が相手となるカードをX素材としている場合、このターンそのモンスターは直接攻撃できる。

 

Xモンスターに耐性を与えつつ、パンプし、直接攻撃まで狙えるとw

 

普通に面白いデザインですね!

 

スーレアでサーチできるので、1枚入れておけば選択肢になりそうですね~

 

 

☆「クロノダイバー・フライバック」

 

f:id:matuda-purehabu:20190916111608j:plain

 

通常罠 レア
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

なるほど~w

 

これもまた面白いデザインですね!

 

デッキからX素材を供給しつつ、墓地にあるなら、相手の墓地のカードをX素材に出来ちゃうとw

 

基本、現代遊戯王では、墓地を使うことが前提なので、ついでのメタ効果はかなり効きそうですねw

 

☆「クロノダイバー・パーペチュア」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190916111836j:plain

 

星4 闇 サイキック族/エクシーズ 1900/2500 シークレットレア

レベル4モンスター×2

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除き、「クロノダイバー・パーペチュア」以外の自分の墓地の「クロノダイバー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。②:このカード以外の自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

おぉ~w

 

これまた優秀なサポーターがいるんですねw

 

「クロノダイバー」釣り上げで、起動効果でデッキからX素材の供給までしてくれるとw

 

イラストもいい感じですし、確かにこれはシクレアの中では当たりな部類になりそうですねw

 

というか、この女の子、あの永続罠で抱きかかえられてる人・・・?w

 

 

「クロノダイバー」は、今現在は種類が少ないので、純構築は難しそうですが、

 

逆に言えば、混ぜ物で遊ぶには、かなり面白そうなテーマなので、出張要員的に持っておくのも悪くなさそうですねw

 

10月レギュラーパックで新規の追加も決まっているようなので、今後に期待できる良テーマですねw

 

明日も続きます!

 

「EXTRA PACK 2019」Part.6( 未界域 編2)

いよいよ本日は、オフ会ですね!

 

先月のオフ会からもう約1か月経過したって考えると時間の経過の早さに恐怖すら感じてしまいますねww

 

とりあえず、今月のオフ会は「EXTRA PACK 2019」の発売で皆さん遊戯王のモチベーションが高そうで、ちゃんとした遊戯王オフ会感が出せそうですねww

 

途中参加・途中退室も大歓迎ですので、お気軽にお待ちしてます!

 

 

さて、本日も昨日に引き続き「未界域」のカードを取り上げていきたいと思います^^

 

それでは、早速↓↓↓

 

 

☆「未界域-ユーマリア大陸」

 

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914132636j:plain

 

フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの「未界域」モンスターは特殊召喚されたターンには相手の効果の対象にならない。②:1ターンに1度、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードが自分フィールドに表側表示で存在する限り、そのモンスターは直接攻撃でき、攻撃対象にされない(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。

 

んー・・・w

 

現代遊戯王のフィールド魔法にしてはかなり微妙そうですが、

 

まぁ、既に強そうなテーマなので、バランスってことですかね?w

 

 

☆「未界域の危険地帯」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914132832j:plain

 

 

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分はデッキから3枚ドローする。その後、手札から「未界域」カード1枚以上を含むカード2枚を捨てる。手札に「未界域」カードが無い場合、手札を全て公開し、デッキに戻す。

EP19-JP032「未界域調査報告」通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの「未界域」モンスター1体とフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。②:このカードが墓地に存在する場合、手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。このカードをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

超TUEEEEEw

 

ドローしてから、ちゃんと手札を捨てる罠カードまで存在してるんですね~w

 

しかも、捨てるのが「未界域」を含む合計2枚ってことで、「暗黒界」や「魔轟神」等も合わせられそうで、熱いですねw

 

☆「第弐次未界域探険隊」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914133143j:plain

 

 

永続罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:手札を1枚捨て、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで500アップする。②:このカードが墓地に存在する場合、手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。このカードをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

んー、パンプ効果だけなら、他に使えそうなカードもありそうですが、

 

永続罠で墓地からも使えるって考えるとまぁ、悪くはないんですかね~?

 

☆「魅惑の未界域」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914133340j:plain

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:手札からレベル5以上の「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。デッキからレベル4以下の「未界域」モンスター1体を手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「未界域」モンスターしか特殊召喚できない。

 

あー、専用の手札交換カードまで、あるんですね!!

 

これがあるなら、上級モンスターも一定数採用しても悪くないかも?

 

基本アド損ですが、ちゃんと「未界域」が捨てられた時に誘発する効果持ちなので、損しにくいのがいいデザインですね!

 

☆「未界域捕縛作戦」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914133549j:plain

 

装備魔法
「未界域」モンスターにのみ装備可能。①:装備モンスターの攻撃力・守備力は800アップし、効果では破壊されない。②:装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

 

装備魔法はまぁ、、、サーチ聞くので、1枚入れておけば出番もあるかもですねw

 

 

☆「未界域の歓待」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914133647j:plain

 

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから「未界域」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りのモンスターはデッキに戻す。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

んー、場に出たところで、あまりうま味があるモンスターがいるわけでもないですし、ランダムってことで不確定要素もあるので、悩ましいカードですね~

 

元々展開力はありまくりのデザインなので、わざわざ入れる必要があるのか要検討ですね~

 

☆「激動の未界域」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914133929j:plain

 

フィールド魔法 シークレットレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分の「未界域」モンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。②:自分の墓地から「未界域」魔法・罠カード3種類を1枚ずつ除外して発動できる。フィールドのカードを全て破壊する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「未界域」モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

2枚目のフィールド魔法だと・・・!?

 

しかも、シクレア枠ってことで、かなり期待しましたが、まぁ、元々のやつよりは使えそうですが、

 

シクレアにするほどのものだったのかっていうのは謎ですねw

 

一応、下級モンスターの自爆特攻でも相手モンスターを倒せたり、墓地が肥えていれば、1枚でリセットカードにもなりえるので、

 

最低1枚以上は入れておきたいですねw

 

 

ネット上のカートン単位での開封結果を見てると、

 

封入率的に、「未界域」を組むのがかなり大変そうですが、果たして・・・

 

明日も続きます!

 

「EXTRA PACK 2019」Part.5( 未界域 編)

カップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」の最新作として、尾田栄一郎原作によるアニメ「ONE PIECE」とコラボした 「HUNGRY DAYS ワンピース ナミ篇」が、昨日から公開されたようですw

 


カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ワンピース ナミ 篇」30秒

 

前回のゾロのやつもそうでしたが、マンガのキャラ達がその世界観とは別に、こういう日常風景に溶け込む系も面白いかもですねw

 

さて、いよいよ本日は、「EXTRA PACK 2019」の発売日ですね!

 

自分も先ほど購入してきましたが、色々な店舗で品切れ続出だったので、

 

やはり、収録カードがかなり魅力的なんだろうなぁと思わされましたねw

 

ということで、本日も引き続き「EXTRA PACK 2019」の収録カードを取り上げていきたいと思います^^

 

今回は環境デッキの仲間入りを果たしそうってことで、注目されている「未界域」についてですね~

 

それでは、早速↓↓↓

 

※1度取り上げたことのあるカードについては、色々と割愛します!

 

☆「未界域のビッグフット」

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130118j:plain

 

星8 闇 獣族 3000/0 ウルトラレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のビッグフット」以外だった場合、さらに手札から「未界域のビッグフット」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

☆「未界域のネッシー

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130210j:plain

 

星7 闇 水族 1600/2800 スーパーレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のネッシー」以外だった場合、さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

 

さすがに、サーチはスーレアですよね~w

 

「未界域」カードサーチなのが偉いですw

 

 

☆「未界域のチュパカブラ

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130330j:plain

 

 

星4 闇 悪魔族 1500/400 スーパーレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のチュパカブラ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合、「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

墓地から釣り上げもいるとw

 

当然のスーレアで、これはやはり、「未界域」組みたい人は覚悟が必要そうですねw

 

☆「未界域のジャッカロープ」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130447j:plain

 

 

星3 闇 獣族 500/2000 ウルトラレア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

ネット上の開封結果では、このカードだけ出にくいって噂ですが、果たして・・・

 

 

☆「未界域のサンダーバード

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914130803j:plain

 

星8 闇 鳥獣族 2800/2400 レア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のサンダーバード」以外だった場合、さらに手札から「未界域のサンダーバード」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

セットカード破壊ですか~

 

最上級モンスターですし、採用枚数は少な目になりそうですが、「未界域」は「未界域」だけで固めた方が効果の成功率も高まりそうなので、入れざるを得ない感じになるんですかね~?

 

☆「未界域のワーウルフ

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131013j:plain

 

 

星7 闇 獣戦士族 2400/1000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のワーウルフ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のワーウルフ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

 

相手全体弱体化、これも最上級モンスターなので、少な目ですかね~?

 

☆「未界域のモスマン

 

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131122j:plain

 

星4 闇 昆虫族 1800/400
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のモスマン」以外だった場合、さらに手札から「未界域のモスマン」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。

 

お互い1枚引いて捨てる系ですか~

 

まぁ、回転重視なら・・・w

 

一応、自身の効果で特殊召喚できる☆4・闇属性・昆虫族って言う視点での使い道は多そうですねw 

 

というか、このカードの元ネタの「モスマン」ってやつが全然知らなくてビックリでしたw

 

腕の代わりにワイバーンのように大きな両翼を持つことから「モス(=蛾)」+「マン(=人間)」と名付けられたみたいですねw

 

 

☆「未界域のツチノコ

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131312j:plain

 

 

星3 闇 爬虫類族 1300/0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のツチノコ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のツチノコ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

自身が特殊召喚される効果ですか~

 

悪くは無さそうですが、スーレアになるほどだったんですかね~?

 

☆「未界域のオゴポゴ」

 

 

f:id:matuda-purehabu:20190914131459j:plain

 

 

星8 闇 海竜族 1200/3000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のオゴポゴ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のオゴポゴ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。②:このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のオゴポゴ」以外の「未界域」カード1枚を墓地へ送る。

 

墓地肥やしは、出番多そうですねw

 

それにしても、、、このカードもまた元ネタがわかりませんねw

 

体長6~30メートルでコブがある
細長い蛇のような体をくねらせ移動する
体色はグリーン色でチョコレート色の斑点がある
頭部は牛・馬・ヤギに似ているとされる水生生物

 

なるほど・・・w

 

やっぱり、UMA系は面白いですね~w

 

 

明日も続きます!